D&I★実践オンライントレーニング とは?

ダイバーシティ・女性活躍推進をカタチだけで終わらせない 8週間の超実践型トレーニング

これまでの研修スタイル・フォローでは
学びのゴールデンゾーンを見逃していた!?

「研修やセミナーを実施したけれど、いまいち行動に変化がない・・・」 多くの人材・組織開発ご担当者様がこのようなお悩みを抱えています。実は、これまでの研修スタイル・フォローの仕方では行動変容に限界があることが、様々な研究結果から明らかなのです。

研修スタイルの限界

下図は、アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)の研究によって導き出された、学習定着率を表す「ラーニングピラミッド(Learning Pyramid)」です。

この研究結果に加え、最近では東京大学中原教授も、いわゆる「これまでの研修スタイル」である「講義~デモンストレーション」による学習効果は約30%にとどまり、残りの70%は「現場での学び」にあると述べています。


ラーニングピラミッド(出典 The Learning Pyramid, America, National Training Laboratories)よりクオリア作成


研修フォローの限界

一方で「研修フォロー」に関しても、よくある「半年後のフォロー研修」では遅すぎることが下図(エビングハウスの忘却曲線)から分かります。この図から、研修直後からの反復学習が最も効果的かつ重要であることが読み取れます。


忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線よりよりクオリア作成



これからの時代の新しい研修スタイル・フォロー

以上を総合し、「研修やセミナーを実施したけれど、いまいち行動に変化がない・・・」という多くの皆さまの課題を解決するために、これまでの研修スタイル・フォローの仕方にとらわれない、新しいトレーニングプログラムとして開発されたのが、このDiチャレ!です。

集合研修で、マインドやスキルを”理解”し、学びのゴールデンゾーンである研修直後から、実際の職場で仲間と励ましあい・学びあいながら実践する。このような学習機会を提供するように、統合的に設計されたプログラムだからこそ、行動変容までを強力サポート出来るのです。


before-after

お電話でのお問い合せはこちら
(受付時間 10:00〜17:00(月~金のみ。但し祝祭日、盆期間、年末・年始を除く))

06-6125-3360